読書マラソンWEB版

『最高のリーダーは何もしない』著:藤沢久美 出版社:ダイヤモンド社

阪南大学 大矢 萌々華

表紙

『最高のリーダーは何もしない』著:藤沢久美 出版社:ダイヤモンド社

「こんな自分でもリーダーの素質があるかもしれない!」
この本を最後まで読めば誰もが必ずそう思うはず!
特に普段からコツコツ頑張っている人に読んでもらいたい作品です。


リーダー経験のある先輩から、「この本読んでみる?」と言われこの本に出会った。
本のタイトルと表紙を見て、「国民的男性アイドルグループのリーダーもこれに当てはまるんだろなぁ。」とぼんやり思いつつゆっくりと読み進めていった。
この本は基本的に今までリーダー、社長、そして国王とさまざまな組織の上に立った経験のある人の考え方や行動を事例にあげて、「どんな人がリーダーの素質があるのか」を紐解いていく。
たくさんの事例があるのだが、そこには共感できるものから自分には思いつかない発想までさまざまな考え方が書かれてある。
1番衝撃的だったのが、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)を禁止にしている会社の事例が載っていたことだ。一般的には「ホウレンソウは大事」と言われている。「おかしくないか?」と思ったが読み進めていると禁止にしている理由がわかり、2つあるのだがそのうちの1つの理由に納得した。気になる方は一度この本を手にとっていただきたい。
他にもさまざまなことが書かれていて、ところどころ自分と性格が似てそうだなと思うリーダーの事例があった。その中で1番当てはまると感じたのが「心配性のリーダー」だ。心配性という性格は日本人ならけっこう多いのではないだろうか。ここの部分を読み終えたら少し自分に自信を持つことができた。
そして、全部読み終えた時には「自分がリーダーになったらどうなるのか」という考えがほとんどまとまり、さらに自信をつけることができた。
ちょうどこれから上に立つ立場になるタイミングでこの本に出会えて本当に良かった。
自分に自信のある人なる人どちらにも読んでほしい本だ。これを読んで、自分の未来について少しでも考えてもらいたい。

阪南大学 大矢 萌々華