読書マラソンWEB版

『重力ピエロ』著:伊坂幸太郎 出版社:新潮文庫

三重大学
倉岡 昂樹

表紙

『重力ピエロ』著:伊坂幸太郎 出版社:新潮文庫

伊坂幸太郎の重力ピエロは以前映画化された作品である。ミステリー作品であり、それは長男の泉水と次男の春は異父兄弟である。17年前、市内連続レイプ事件の被害者である泉水の母が身ごもったのが春である。そして、ある日泉水の勤め先で放火される。そして、町の壁の落書きを消す職に就いた春。そして街中のグラフィックアートに気づく。この二つが作中では交錯していく。

伊坂幸太郎の書く小説は交わらないと思う出来事がどこかで絶対に交錯していく。それは私が読んでいて、「どこで交わるのか?」という疑問を常に感じながら読んでいる。その謎のハラハラ感を楽しみながら、ぜひとも読んでほしい。そしてそれを堪能してほしいと思う。あなたがあらすじで感じた疑問はすべて解消されるだろう。

三重大学
倉岡 昂樹