読書マラソンWEB版

『あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる』
著:平良 愛香 出版社:学研プラス

明治学院大学
佐伯 大樹

表紙

『あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる』著:平良 愛香 出版社:学研プラス

平良牧師は、私の知り合いです。ゲイセクシャルであることを公にしておいる牧師です。ゲイセクシャルであることを、公にしている人は日本ではまだ身近に少ないです。LGBTという言葉を定義として知っていても、一人一人が何を感じて生きているのか、ヘテロセクシャルの人間がいかにして生きづらい環境を作り出してしまっているのか、自省出来るような本になっています。著者が生まれ現在に至るまでが主観と客観を分けながら書かれています。著者は牧師として生活しています。キリスト教の教えでは、LGBTに対する解釈は様々あります。著者は、「自分は社会の中でどのような存在なのか」を考え続けています。このことは、日常を送っている自分たちも同じであると私は考えました。LGBTに限らず、人々は少しずつ違う考えを持っている。それにもかかわらず、同じルールで生活していることに対して、生きづらさをなんとなく感じることがあると思います。しかし、「その生きづらさ(難しさ)ってなんだろう?」と向き合ったことがない、感じたことがないことがあると思います。自分自身もそうでした。この場合、生きづらさという表現が適切でないかもしれません。自分と向き合うこと、自分が生きている社会ってどうなっているんだろうと考える機会を与えてくれる一冊だと思います。

明治学院大学
佐伯 大樹