読書マラソンWEB版

『螺鈿迷宮』著:海堂 尊 出版社:角川文庫

千葉商科大学 羽場 友作

表紙

『螺鈿迷宮』著:海堂尊
出版社:角川文庫

現在の日本では安楽死は、認められていない。つい先日も似たような話題が報道された。現在、日本の医療では、刑法上殺人罪の対象となってしまう。しかし誰もが自分が終末期に差し掛かった時どのような決断をするのかを考えてしまう。いわゆるスタンダードな息を引き取る直前まで医療の施しを受け続けるのか、または生活の質の向上を可能な限り維持し続け延命をしない、緩和ケアを受けるのかを検討するのが通常である。しかし、そのどちらの治療をも受けずに、衰弱する直前まで自分らしく生き、最後は本当の自分を保った尊厳死を選択したい人もいるはずである。

この小説はまさに、がん患者と特定はされいてるが、人としてどのような最期を迎えるのかについて書かれている。作者の海堂尊が描くほかのシリーズ作品と同じ、日本の医療現場における課題について書かれているが、ほかの話と異なるのは、私たち患者になる立場の視点で大きく考えさせられるところである。

この話に触れるまでは、自分の尊厳を保つために、もっと長く生きることができるのに故意に死ぬのは自殺や殺人行為として批判をしてしまっていた。しかし、この話に出てくる登場人物の患者は、病院内での内職をみんなでしながら、元気なうちにあの世へ旅立っていく。もし自分がその立場になったらと考えてみると、安直だがすごく難しい。1秒でも長く長生きしたい気持ちもあるし、元気なうちに周囲に迷惑を掛けずに死にたいという気持ちもある。

ぜひ、今は罪とされている尊厳を保つための安楽死だが、これからどんどん高齢化していく今の日本で、自分が同じ立場に立った時にどのような心理になるのかを考えながら皆さんにも読んでほしい。



千葉商科大学 羽場 友作