読書マラソンWEB版

『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』著:長尾彰 出版社:学研プラス

福島大学 小島 望

表紙

『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』著:長尾彰 出版社:学研プラス

愛読書である「宇宙兄弟」が題材になっているので手に取りましたが、今後の人生を左右するかもしれないと感じました。宇宙兄弟の主人公「南波六太(ナンバムッタ)」は、所謂「リーダー」らしくはないのですが、彼がいることでチームが驚くほど向上していっていると著者は言います。この本では、宇宙兄弟のストーリーになぞらえて、リーダーシップの取り方とチームでの活かし方について探っていきます。

これまでの人生経験からすると、多くの人は「頭脳明晰で、正義感や責任感が強く、先頭に立って引っ張っていく」、そんなリーダーを想像するでしょう。しかし、かえってその認識が、所謂リーダーになった人を精神的に苦しめている可能性もあるのだということが前提です。

この本で大きく取り上げられたのは、主として世間で捉えられているような「賢者風」リーダーシップと、あくまで「賢者であろうとする必要がない」という「愚者風」リーダーシップです。主人公は後者です。
私も後者に近いと感じるので、物凄く共感しました。詳しくは本を読んでいただければと思いますが、これからのチームリーダーのあり方は、これまでの賢者風だけではないということです。誰かが皆へ問いかけ、共感と共に行動へと繋がる。自分だけでなく、メンバーの良さを活かし合う。勿論、リーダーとしてするべきことは必要な場面はあると思いますが、愚者風のリーダーシップの発揮は、「競争」ではなく「共創」に繋がり、より一体感を持ってチームは向上できる可能性を秘めていると感じます。

完璧なリーダーだけではないことを、皆が理解できれば、一人一人の働き方・生活の仕方の可能性が広がります。誰にでもチームを動かす力があり、誰もがチームの一翼を担っていると再認識できました。悩んだ人は、ぜひご一読下さい。



福島大学 小島 望