読書マラソンWEB版

『やる気が上がる8つのスイッチ』著:ハイディ・グラント・ハルバ―ソン 訳:林田レジリ浩文 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

長野大学
皆川 淳哉

表紙

『やる気が上がる8つのスイッチ』著:ハイディ・グラント・ハルバ―ソン 訳:林田レジリ浩文 
出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン

この本は65分で読めます。

この本の中では、人間が活動を行うモチベーションの保ち方を比較し、8つのタイプに分けています。8つのタイプは、【中二病】・【うざいやつ】・【臆病者】・【退屈な人】・【やる気の空回り】・【まじめな見習い】・【新星】・【熟練の匠】と少しユーモアな表現が含まれていますが、読んでみるとその通りだなと感じます。

みなさんは何をモチベーションに勉強・部活・サークル・仕事・恋愛・就活等の活動をしていますか?

そのようなことを一度振り返ることができますので現状把握できます。また、どんな姿になりたいのかも考えることができるものとなっています。

ちなみに私は、①他者にすごいと思われたい②失うことよりも得ることの楽しさを感じる③自分に自信を持っている。ということから、【うざいやつ】という分類に入ってました。

それを読み、今は【うざいやつ】→【新星】を目指せるように活動を行っています。みなさんもどのようなタイプなのか自分で分析し、今後どのような人間になりたいのかを考えながら読んでいただくと楽しいかと思います!

長野大学 皆川 淳哉