著名人インタビュー 片岡鶴太郎さん

自分の心が向いている方へ

最後に、全国の大学生に一言メッセージをいただけたら幸いです。

言ってみれば、みんなそうですけど、大変な時代だとか言うけど、いつも大変な時代なんです。いっつも。

だから時代のせいにしたり社会のせいにしたりしても何も始まらないので、他人のせい、人のせいではなく、自分が何をやりたいか、常によく夢を持ちなさいって言うけど、そうじゃなくて志は何ですかということ。

志というものを持って進むことが大事だと思います。今みんなね「夢は何?」って言うんだけど、俺たちの頃はね「志は何?」って言われたんですよね。

心がそっちを向いているから。夢っていうとさ、例えば野球選手になりたいですとか、サッカー選手になりたいですってそういうのだけど、もっとこう人生の志しているもの、その志というものをなんかこう見出して、日々それに向かって、毎日毎日明るく元気で楽しく全て肯定的に、そして笑顔で屈託なく正直に嘘なく、丁寧な日々を過ごせるような方になってください、という言葉を贈ります。

片岡鶴太郎 プロフィール

1954年、東京都西日暮里出身。

幼少の頃より、役者になることを夢みて、学校でも人気者として親しまれた。高校卒業後、片岡鶴八師匠に弟子入り。3年後、東宝名人会、浅草演芸場に出演。その後、バラエティー番組を足掛かりに広く大衆の人気者になる。目下、幅広いキャラクターを演じられる役者として活躍し、日本アカデミー賞最優秀助演男優賞など数多くの賞を受賞。

画家としては、1995年に初の絵画展「とんぼのように」を東京で開催。2001年には、初の海外個展をフランス・パリにて開催し、好評を博す。2011年、初の本格的仏画を出展。2013年に第69代横綱白鵬関の化粧まわしのデザインを担当し、伊勢神宮で奉納・お披露目された。2014年~2017年にかけて、還暦と画業20周年を記念した個展「還暦紅」を、全国20ヶ所で開催し、34万人を動員した。

書家としては、2015年3月、書の芥川賞といわれる「第10回手島右卿賞」、同7月「第32回産経国際書展功労賞」を受賞。また2017年5月、インド政府公認プロフェッショナルヨガ検定に合格し、インド政府より、ヨガマスター、ヨガインストラクターの称号を授与され、第1回ヨガ親善大使にも任命される。

2018年4月、第5回「ヨガジャーナル presents Yoga People Award 2018」にて、ベストオブヨギーを受賞。

そして2018年末からは自身の画業25周年と芸能生活45周年を記念した「片岡鶴太郎展 顔 -faces-」を東京・松屋銀座を皮切りに、大阪・阪急うめだ本店など、全国各地を巡回中。

画業25周年・芸能生活45周年
片岡鶴太郎展 顔 - faces -

さっぽろ東急百貨店 9階催事場

日時 : 2019年10月3日(木)~2019年10月15日(火)

場所 : 北海道札幌市中央区北4条西2-1

サイン会 : 10月3日(木)

笠間日動美術館

日時 : 2019年10月19日(土)~2019年12月15日(日)

場所 : 茨城県笠間市笠間978-4-1

サイン会 : 2019年11月4日(月・振休)

※詳細はHPまで : http://kataoka-tsurutaro.com/

PAGE TOP

プレゼント応募&アンケートフォーム

PAGE TOP