親子で要チェック!大学生活ハウマッチ

STEP3 大学生活スタート

無理のない支出管理で大学生活を楽しもう

夢のひとり暮らしをスタートしても、お金がなくなれば台無しです。収入と支出をしっかり管理して、無理のない生活を計画しましょう。収入では、仕送りのほか、奨学金やアルバイト代などがあります。この金額を超えないように支出を管理しなければなりません。下宿生支出合計の全国平均は約12万5千円、収入平均も約12万5千円と、先輩たちは、上手く収支を管理できているようです。また、大学生活では生活費以外に、思いがけない支出もあります。生活費は余裕をもって管理しましょう。

大学生活は出費も多い
下宿生の1カ月の生活費 (全学年・円)

収入

出典:大学生協調べ「第57回学生生活実態調査(2021年)」より

▼ 初期費用を計算してみよう!

初期費用を計算してみよう!

合計(A) : 受験・入学時の費用の比較

合計(B) : 地域別一人暮らしのための費用比較 志望する進学地域でかかる費用

合計(C) : "自宅生・下宿生の1カ月の生活費(全学年)

下宿生 + + =
自宅生 + =

先輩保護者からのアドバイス 『大学生活について』

  • 隣県なので自宅通学できると思っていたら、カリキュラムなどによっては帰宅が遅くなるそうで、2年からは下宿も考えています。このような情報が早い時点でわかっていればよかったです。(私立・文系・女子・自宅・一般)
  • 我が家は遠方にもかかわらず、親も子ものんびり考えて行動していました。いざ新生活が始まってみると、思っていた以上に娘が自立し始めたこと(嬉しくもあり、寂しくもあり)に驚くばかり。親の心配はほどほどでいいということを痛感しました。(国立・医歯薬系・女子・下宿・一般)
  • 「新入生歓迎の集い」に子どもが行くとは思わなかったが、積極的に参加したのを見て、本人も新しい世界に飛び込む不安を抱えていることを知った。(私立・文系・男子・下宿・一般)

※「下宿生」・・・「寮生」を除く自宅外生のこと。アパート、マンションを初め、学生会館、貸間なども含んだ住まいの学生を「下宿生」として集計しています。