ダマされないチカラ養成HandBook

もっと詳しく知りたい!豆知識 契約編

賃貸住宅を借りるのにかかる費用

  • 家賃

    部屋を借りる時の賃借料です。住宅用の家賃には消費税はかかりません。

  • 共益費・管理費

    集合住宅には、エントランスや廊下、階段、エレベーターなど、 複数の居住者が共同で使用するスペースがあります。これを 「共用部分」と呼び、その維持管理のための費用を共益費、また は管理費と呼びます。

  • 火災保険料

    火災保険等への加入が契約で義務づけられていることがあり ます。加入する保険の内容については必ず確認しておきましょう。

  • 敷金(保証金)

    契約時に借主が貸主に対して担保として預ける金銭で、退去 時に、破損した備品の修繕費用に充てられるなど、貸主にとって は保証金のような性格のものといえます。借主側からみるとあく までも「預けて」いるものなので、退去時には、家賃不払いなど 貸主に支払わなけれはならない金銭を差し引いた金額が返還さ れます。

  • 敷引(償却)

    あらかじめ合意された約定に基づいて敷金(保証金)の一部 を敷引金(償却金)として返還しない取り扱いをするものです。 しかし、その敷引(償却)の割合(額)が著しく高いなどの場合、 敷引特約の効力が争われるなど、退去時の敷金精算においてトラブルになることがあります。

  • 礼金

    地域の慣行により、一時金として礼金の授受が行われること があります。このお金は敷金とは異なり、返還されない性格のも のです。

  • 申込金(預り金)

    入居申し込みの際、借主の意思確認の意味合いで、申込金な どの名目で宅建業者から入金を求められることがあリます。この お金の返還をめぐってトラブルが見られます。もし預けた場合は、 領収証ではなく預り証を発行してもらい、返金されるかどうか必 ず確認しましょう。安易に預けない!

賃貸契約終了時の負担義務

借りている間に不注意等によリ生じさせた損耗等は、借主に原状回復義務があります。判例や国土交通省の原状回復ガイドライン※1では、貸主と借主の負担区分は次のとおりです(表)。

表 貸主と借主の負担区分
貸主負担となるもの 借主負担となるもの
建物・設備等の経年変化による自然的な劣化・損耗等(自然損耗等)
クロス等の自然的な変色、設備の耐用年数経過による故障等
借主の通常使用による損耗等(通常損耗)
通常の生活によるフローリングの軽微なすり傷、家具の設置跡等
借主の善管注意義務違反※2・その他通常の使用を超えるような使い方による汚損・毀損等
不注意・タバコ・ペットによるクロスや畳の傷や汚れ等

※1 「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改定版)」(国土交通省)

※2 日常の清掃や手入れなどの管理を、一般的・客観的にしなくてはならない注意義務を行わないこと

CONTENTS